FACTFULNESS(ファクトフルネス) 

「FACTFULNESS(ファクトフルネス)  10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」は2019年のベストセラー本です。

人間が勘違いをするとき、しばしば思い込みが背景にあります。 次に挙げる「10の思い込み」に対して取り組んでいる課題に関する思い込みを記入することで、思い込みを乗り越えて、データを正しくみることができるようになるでしょう。

アプリの使い方

情報の間違いに惑わされない

  • 間違わず正しく見たいと思っている情報について思い浮かべます。
  • 10の思い込みについて、思い当たる節があれば記入していきます。
  • 全て回答すると、自分が見ていた勘違いに気づくことができるはずです。

情報を単純化する

人間の本能を逆手に取って、難しい話を単純に説明するのに利用します。

  • 説明したいことを思い浮かべます。
  • 「10の思い込み」を見ながら、単純化できそうな切り口を探して記入します。
  • 記入した中から利用できそうな切り口があれば利用して、話を単純化してみます。

こんな人に向いている

  • 騙されてばかり、間違えてばかりの人
  • 人の話がなんとなく正しいと思ってしまう人
  • 正しく言おうとするあまり小難しくしてしまい伝えられない人

参考文献

「FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」