SWOT

目標を達成するための現状分析を行い、戦略決定の助けとなるものです。

  • 強み (Strengths)
  • 弱み (Weaknesses)
  • 機会 (Opportunities)
  • 脅威 (Threats)

これら4つのカテゴリーで要因分析し、事業環境変化に対応した経営資源の最適活用を図ります。

アプリの使い方

  1. 何か一つ目標を頭に思い浮かべてください。
  2. 続いて、現状分析を行います。フォームに現状を埋めていきます。
  3. SWOTが洗い出されます。
  4. そのSWOTを元に目標が達成可能であるかを判断します。
  5. 達成が不可能であると判断した場合、別の目標を元に、再度SWOT分析をやり直します。
  6. 達成が可能であると判断した場合は、今度は戦略を決めていきます。
  7. あるいは部分的に達成できそうなことがあれば実施します。

こんな人に向いている

  • 目標はあるがそれを達成できるかどうかわからない人
  • 自分を知りたい人
  • 弱みを逆手に取りたい人

トラブルシューティング

目標自体が決まらない場合

ブレインストーミング:やりたいことをたくさん書き出して、その中から一つ選んでみましょう。

戦略が決まらない場合

まずはブレインストーミングでアイデアを出してみましょう。

アイデアに面白みがない場合

SCAMPER法で既存のアイデアをアップグレードさせてみましょう。モノであればTRIZ法も有効です。

アイデアが受け入れられる道筋が見つからない場合、消費者の心理のプロセス「AIDMA」という方法があります。

参考文献

  • 経営戦略全史 ... 『「SWOT分析」の限界と効用』として取り上げられています。